日焼け止めクリームの落とし穴

日焼け止めは何種類持ってますか?

お肌に異常がなければ1種類でも構いませんが、肌トラブルが無くならない
人は何種類か使い分けた方がベストです。

ほとんどの方は化粧下地に日焼け止め効果のあるタイプを使っている
かもしれませんが、休日などメイクをそれほどしなくても良い場合には
石鹸で簡単に落ちる方が肌ストレスが圧倒的に少ないのです。

例えば、ジェルやパウダータイプだと肌に優しく専用クレンジングは
ほとんどの場合不要。

海や山などレジャーで一日中炎天下の中で過ごすなら、クリームタイプの
強力な日焼け止めが必須ですが、コレだと石鹸ではまず落ちにくいですし、
デイリーに使う場合も肌荒れしている時はどんな日焼け止めクリームであれ
実はあまりおススメできません。

肌を引っ張ったり擦るように塗りたくるほど、シミやシワなどを招きますし、何よりメイクが崩れやすく小まめに塗りなおすのも大変。

有害な紫外線から肌を守ってくれるものですが、日焼け止め自体がダメージになる場合があることも忘れてはダメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください